【PALOMINO】BLACKWING 602

¥ 352

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 520円
  • レターパックライト

    ポストに投函するお届け方法です

    全国一律 370円
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,419円
    • 東北

      • 青森県 1,100円
      • 岩手県 1,100円
      • 宮城県 1,100円
      • 秋田県 1,100円
      • 山形県 1,100円
      • 福島県 1,100円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 770円
      • 静岡県 770円
      • 愛知県 770円
      • 三重県 770円
    • 近畿

      • 滋賀県 770円
      • 京都府 770円
      • 大阪府 770円
      • 兵庫県 770円
      • 奈良県 770円
      • 和歌山県 770円
    • 中国

      • 鳥取県 770円
      • 島根県 770円
      • 岡山県 770円
      • 広島県 770円
      • 山口県 770円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 2,200円
通報する

Eberhard Faber 社が1930年代から1998年まで製造・販売していたBlack Wingは作家、作詞家建築家等 のクリエイターに広く愛されていました。
その伝説の鉛筆が復刻し、2010年から続々と新しいモデルが登場しクリエイターだけでなく今では世界中で老若男女幅広いユーザーが愛用しています。

BLACK WINGに比べるとやや硬くBぐらいの濃さ。
なめらかな書き味が身上。
軸尾の消しゴムは長さ調節ができ、小さな部分でも消しやすい平らな形状になっています。

Blackwingとは
Eberhard Faber 社が1930年代から1998年まで製造、販売していたBLACKWING鉛筆はグラミー、オスカー賞受賞作家やピューリッッツアー賞受賞のクリエイターなどを始め、多くの人々がそのアイデアを書き留めたり自らの考えを形に変えるためのツールとして愛されてきました。惜しまれつつも生産が終了となりましたが、近年「PALOMINO」ブランドの一つとして新たな歴史がスタートしました。
ブランドを継承復刻させたのは、世界中の鉛筆メーカーに軸素材を供給しているグローバル企業「Cal Cedar社」でした。同社はこれまでの経験や技術を生かし、多くのテストを重ねて徹底的にデザインや書き味にこだわりました。それはBLACKWING 602に刻印されている『HALF PRESSURE,TWICE THE SPEED/半分の筆圧、2倍の速さ』というキャッチフレーズを再現するためでした。「602」の発売後は芯のやわらかいBLACKWING(黒)そしてバランスのとれた硬度のBLACKWING PEARL(白)が発表され、それによりクリエイターだけでなくビジネスマンから学生にまで愛好家が広がり、新しいファンの心をつかみました。
芯の硬度表記には「firm」「balance」「soft」(後に「Extra firm」)という独自の基準を採用しているというのも新しい製品を世に送り出したいという同社のこだわりです。